2017.02.05 風邪の引き始めは夕方から?

先日の東洋医学の授業の中で先生に面白い話を伺いました。
東洋医学では、気、血、津液(水)が身体の中を滞りなく動いている状態が
「健康」であるとみなされます。
生命力、免疫力、自律神経の働きを表す「気」の分類の一つ、『衛気(えき)』は、
昼間は身体の表面や粘膜などを流れ、ウイルスや細菌、花粉などの外敵から
身体を守るバリアの働きをしてくれています。
ところが夜になると衛気は身体の内側、五臓へと流れを変えるため、身体の外側の
バリア機能が薄れるとか。
そのため夕方以降は風邪の引き始めなどに要注意。
それを身をもって体感した先日。
ある日の夕方、急にぞくぞくと寒気を感じはじめ、身体の節々が痛くなってきました。
明らかに風邪の引き始めサインです。
そこで先生からうかがった通り、まず首元を温めることから始めました。
東洋医学では、風邪などの邪気は風門と呼ばれるツボから体内に入るため、
この部分を温めると良いとされています。
ちなみに風門は首を前に傾けた時にボコっと出てくる骨(第7頸椎)から指2本分くらい
下がった場所の左右にあります。
大動脈や自律神経の走るこの部位を温めることで、身体が温まりやすくなり、
免疫力も高まるため風邪の撃退に効果的だということは、解剖学的に見ても
正しく理にかなっていると思います。
すぐに首元を温め、無理せずに早く就寝したため、私は本格的な風邪ひきには至らず、
朝にはすっかりよくなっていました。
ちなみに就寝の際にはティートリーの精油を一滴落としたマスクを着用しました。
ティートリーの精油にはウイルスなどに対する殺菌力や免疫を高める成分が
多く含まれています。
キリっとさわやかな香りなので気分もすっきりしますし、ティートリーは
私の大好きな精油のひとつです。
IMG_3218
寒い季節、風邪で寝込むことのないよう首元を温め、みなさまも元気にお過ごし
くださいね。

2017.02.03 東洋医学とアロマセラピー

 

私は、異文化がうまく融合しているモノにとても魅力を感じます

 

建物で言うと、純和風な佇まいの日本家屋のカフェや、

まだ訪れたことはありませんが、

京都にできたフォーシーズンズ ホテルなども

エントランスが素敵だな、と思います。

 

人でいうと、日本人だけじゃなくグローバルな

視野や経験を持っている方など。

 

そんな中、リラクゼーションはもちろん

日々の体調管理や体質改善に より深くアプローチできる

セラピストでありたいという思いがムクムク湧いてきて、

新しく東洋医学を学び初めています。

 

西洋の植物療法として学んだアロマセラピー。

その学びに東洋医学の認識や視点を融合させ、

予防医学としてのアロマセラピートリートメントを、

今後ご提供してまいります。

 

image1-5

 

またこちらもご案内させていただきますね。

 

それではまだまだ寒い日が続きますので、みなさま体調には

くれぐれもお気をつけください。

 

2017.01.22 医学の父も認めたアロマセラピー

さて、前回の続きでアロマセラピーの起源について少しお話させてください。

再び時代を紀元前まで遡ります。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

pexels-photo-268819
古代ギリシャの医師、ヒポクラテス(紀元前460年頃〜紀元前370年頃)
によって、ある通説が覆されました。
病気は呪いや祟りなど超自然的な力によってもたらされるものではない。
体の反応として自然発生的に起こるものである。
それを実験やデータによって証明その功績により『医学の父』と称されています。
ソクラテスは、体内のバランスが不安定になったことによって
表面化してくるのが病気の症状であると考えました。
身体に本来備わっている病気に対する抵抗力を高める事に
重きをおいていたそうです。
そして医師として、食事制限や体操、運動、水治療法、海水浴に加えて、
マッサージ療法などを処方したと言われています。
人の手(タッチ)、特に芳香植物の入ったオイルを用いた
マッサージの効果を高く評価したそうです。
アロマセラピートリートメントでは、植物から抽出された精油を人の手に
乗せて優しく強く、必要な圧を身体にかけながら身体をほぐしていきます。
植物から抽出される天然の精油は薬理成分を多く含み、
手のタッチによるマッサージとの組み合わせにより、
身体のマイナートラブルの改善やホルモンバランスの調整、
免疫力の向上に働きます。
もちろん香りによるリラクゼーション効果も
日本での歴史はまだまだ浅いですが、ヨーロッパでは数千年に渡って人々の暮らしを
サポートしてきたアロマセラピー。
受けてみたいなと思われたら、お気軽にお問い合わせくださいね。
お待ちしておりますカナヘイハート

2017.01.17 アロマセラピーの起源はどこに?

アロマセラピーの起源はどこにあるのでしょうか。

 

すでに紀元前3,000年頃古代エジプト人たちは、死者を埋葬する際に死体の防腐処理のため、

フランキンセンスやミルラなどの植物を用いてミイラ作りをしていたそうです。

 

実際にツタンカーメンの墓からは、フランキンセンスやスパイクナードといった

植物のエッセンスを含む軟膏が見つかっています。

 

驚いたことに発見された時にはまだ香りが残っていたそうです。

 

pexels-photo-71241

 

そしてパキスタンのタクシラ遺跡からは素焼きの蒸留器が発見されました。

 

このことから紀元前3,000年頃には既に現代の精油抽出方法として最も一般的でもある

蒸留技術が存在していたと考えられます。

 

約5,000年も昔の人々の生活の中に、既に植物のエッセンスを利用する智恵と習慣があったことに驚きます。

 

また古代ローマ時代の公衆浴場には、香りのついたオイルを用いたマッサージを受けられるマッサージ室も

備わっていたそうです。

 

pexels-photo-219041

 

今のアロマセラピー・トリートメントに近いものがその頃には存在していたのでしょうね。

 

さて、この続きはまた次回に。。

 

 

2017.01.12 セラピストの宝

音譜 期間限定特別メニュー 音譜

アロマボディトリートメント (45分コース)  7,850円(税込) 

 

「あ。。先生の手、温かい。。」
アロマセラピストの勉強のため通ったスクールでの初日のことでした。
初めての実技(トリートメント)の授業中、
温かい手で背中に圧をかけられたとき、
ふわ~っと体中の力が抜けるような安心感を
覚えました。
私は小さい頃から手が熱く、緊張すると
余計に熱く汗ばむほどになってくるのを、
ずっとコンプレックスに感じていました。
人と握手をする前なんかは最悪。
「汗かかないように。。」と思うと
それだけで、緊張して悪循環に。
熱い手は私にとってマイナスのものでしかなかったのですが、
温かい手で圧をかけてもらうと
こんなに気持ちいいんだ~って思うと、
なんだか嬉しくなりました。
冷たい手の感覚と全然違うのです!
授業後に先生と2人でお話するチャンスがあったので、
「先生の手、すごく温かいですね。
すごく安心感がありました!」
とお伝えすると、
温かい手っていうのは、セラピストにとっては宝なんですよ~☆」と。

ずっとずっとコンプレックスでしかなかった手が宝‼︎

癒しの仕事に関わりたくてアロマセラピストを選んだ私にとって、この熱い手で人のお役に立てるというのはとても幸せなこと。

コンプレックスが勇気に変わった瞬間でした。
きっと一生忘れることはないと思います。
セラピストの手。
改めて大事にしようと思いました。

 

pexels-photo-27118

2017.01.12 この季節におすすめの精油

音譜 期間限定特別メニューご案内中(2月25日まで) 音譜

アロマボディトリートメント (45分コース)  7,850円(税込

 

大阪ではまた今週末から気温がぐっと下がり、

いよいよ真冬の気候となるようです。
皆様体調を崩されていはいませんか?この季節、お部屋の空気をクリーンに保つためおすすめの精油があります。

それはローズマリーや森林系の精油です。

天然の化学物質が複雑に組合わさった有機化合物の精油には、

含まれる化学物質によって多種多様な性質や効果が認められています。

 

精油は空気に触れて気化するのでうが、多くの精油に含まれる物質の一つ、

炭化水素類に分類されるモノテルペン(C10H10)は、その課程でオゾンを発生させるそうです。

 

オゾンといえば、空気中のバクテリアやウイルスに対して殺菌力をもつことでよく知られていますね。

 

ローズマリーや森林系の精油(例えばサイプレスやティートリーなど)にはこのモノテルペンが多く含まれます。

ですので今の季節にはディフューザーやルームスプレーでお部屋にお使いになられると、

インフルエンザなどの予防にも効果的とされています。

 

また精油には不思議な力があり、ひとつの精油を使う場合と比較すると、

ふたつ以上の精油をブレンドして使用したほうが相乗効果が働き、その効果が増すとも言われます。

ですのでレモンやラベンダー、ペパーミントなど、ご自分のお好きな香りと

組み合わせて使っていただくのも良いかと思います。

 

サロンでも精油の力を借りてお部屋の空気を整えながら、清潔で心地よい空気で

お客さまをお迎えできるよう心がけています。
pexels-photo-24833
ぜひ安心してお越しくださいね。

2017.01.09 *期間限定*特別メニューのお知らせ

期間限定特別メニュー

アロマボディトリートメント(45分コース) 7,850円(税込)

pexels-photo

小さいお子さまがいてなかなか自分のための時間がとれないお母さま

平日の激務で疲れがたまっているキャリアウーマンのみなさま

ただ今、ショートコースのキャンペーン中です。

身体の中でも特に疲れのたまりやすいお背中とデコルテに部位を絞り、トリートメントさせていただきます。

2月25日までの期間限定とさせていただきますので、この期間にぜひお試しください。

2017.01.07 新年のごあいさつとお知らせ

すっかり新年のご挨拶が遅くなりましたが。。新年明けましておめでとうございます。

本年も引き続きよろしくお願い申し上げます。
今年もみなさまにとってたくさんの幸せが訪れる一年でありますように。

2017年、Mille Branchesではよりいっそうみなさまにとって利用しやすく、満足感の高いサービスをご提供するため、新しいメニューを取り入れてまいります。
近日中に詳細をお知らせさせていただきますね。

またブログを通じてみなさまにアロマやアロマやアロマセラピー・トリートメントについてもっと理解していただけるよう、こちらでもご紹介していこうと思っています。

image1-5

アロマ先進国のひとつであるフランスでは、医師が精油を処方し、その処方箋に従って薬剤師さんが精油を調合されるそうです。
フランスでは精油を服用する方法も主流で、日本より精油の利用を含めたフィとセラピーがずっと生活の中に根付いています。

日本では良い香りとしての認知は高くても、精油やアロマセラピーのことはまだまだご存知ないかたも多くいらっしゃるかと思いますので、これから少しずつご紹介させていただきますね。

それでは今後ともよろしくお願いいたします。

Mille Branches オーナーセラピスト
梅津千枝

2016.11.13 【クレジットカード払い】利用開始のご案内

みなさま

Mille Branchesではクレジットカードによるお支払いを選択いただけるようになりましたので、ここにご案内いたします。

logo_visa-gif  logo_mastercard   logo_m

【VISA、MasterCard, 楽天カードがご利用いただけます】

 

「今週は仕事が大変だったから疲れたな〜。でも持ち合わせのお金がないからお給料が出るまで我慢しないとな。。」

そういう経験はありませんか?

買いたいもの、例えば欲しいお洋服があるけれどお給料日まで我慢する、という場合とは異なり、体がSOSを出している時にはタイミングを逃さずケアする時間を取っていただくのが大切だと考えています。

なぜなら疲れはごまかせないから。

気持ちが疲れた時、体が疲れた時、きちんとケアせず後回しにしていると、見ないようにしていてもその疲れは消化できず蓄積していくのです。そして場合によっては、いずれもっと深刻な形で表面化してくることもあります。

ですので(ちょっと疲れてるな〜)と感じている時には、その心の声を無視したり後回しにするのではなく、ぜひアロマセラピストの手に体をゆだねていただければと思います。サロンを後にしていただく時には、心も体もすっきり軽やかになっていますよ!

一度大きくバランスを崩してしまうと、仕事にも生活にも支障が出たり、お医者様のお世話にならないといけなくなってしまうこともあります。そうなってからでは大変。

イギリスやフランスなどヨーロッパでは広く予防医学として病院でも取り入れられているアロマセラピートリートメントで、みなさまの日々の健康のサポートをさせていただきたいと思っております。

『機を逃さず、ベストなタイミングで』

その思いから、クレジットカードによるお支払いをお選びいただけるようにいたしました。(受けたい!)と思われた時がそのタイミングですので、我慢せずにご連絡くださいね。お待ちしています。

img_2974

Mille Branchesサロン室内のイメージです。

清潔で落ち着いた室内で、心を込めて施術させていただいています。セラピストにとっては宝とも言われる、自慢の熱い手のトリートメントをぜひご体験ください。

 

 

2016.10.16 ラベンダー精油のチカラ

みなさま

こんにちは。季節はめっきり秋らしくなってまいりましたね。日の出の時間も早くなり、なんとなく年末に向けてカウントダウンが始まったような、気ぜわしい感じもいたします。

さて、今日はラベンダー精油を使用したトリートメントが免疫機能を高めるということを実験によって証明されたという学術論文が紹介されていた記事から、簡単にその概要をご紹介させていただこうと思います。

photo-1445510491599-c391e8046a68

実験は高齢者の方を対象に行われ、ラベンダー精油を使用したアロマトリートメントを受けられた方(16名)、精油なし(ホホバオイルのみ)でトリートメントを受けられた方(16名)、トリートメントを一切受けられなかった方(16名)の方の免疫機能の変化を3ヶ月に渡って観察されたそうです。

トリートメントの頻度は週一回、一回あたり45分です。

その結果、免疫機能の指標の一つであるNK(ナチュラルキラー)細胞の活性値が、ラベンダー精油をもちいたアロマトリートメントを継続的に受けられた被験者の方では、20%の上昇が見られたそうです!

ちなみに精油なし(ホホバオイルのみ)でトリートメントを受けられた方の平均値も上昇はしたものの、トリートメントの結果上昇したと言えるほどの有意差(意味のある差)ではなく、トリートメントを全く受けられなかった方たちの平均値は下降したとのこと。

精油の力ってすごい!精油は香りだけのものと認識されている方も多いかと思いますが、精油の真の力って植物のもつ薬理作用なんですよね。

それぞれの精油に特徴的な作用があり、抗菌作用の高い精油、鎮痛効果の高い精油、消化機能を高める精油など、とってもバラエティに富んでいてとても奥が深く、面白いものです。

精油の力をトリートメントに乗せて健康機能の促進に貢献できるアロマセラピートリートメントをご提供できることを改めて幸せに感じます。

アロマセラピー=良い香りで癒される。それだけにとどまらないプラスαの効果を感じにいらしてくださいね。お待ちしております。