2017.04.16 手から伝わるもの

sakura

(昨日のサロンからの眺めです。満開の桜が対岸に連なり目を楽しませてくれました。)

 

 

ふと不安になった時、背中に置かれた優しい手の温かさに心が落ち着き、力強く感じられたこと。

 

子どもの頃、お腹が痛い時にお母さんがお腹をさすってくれるだけで痛みが消えていくような安心感を覚えたこと。

 

こういったことは、多くの方が一度は経験されていることではないでしょうか?

 

「人の手」によるタッチの効能については、これまでさまざまな研究がされており、

その研究結果からもストレスや痛みの軽減、精神の安定など、精神や身体に多くの作用をもたらすことが

証明されています。

 

しかしながら、おそらくその研究報告を読むまでもなく、多くの方が人の手によるタッチの力を

実感されているのではないでしょうか。

 

これほど強く人の心や身体に働きかける人の手の力。

 

逆に言うと、少しでも不快と感じる触れられ方をした場合、嫌悪や恐怖の感情が精神・身体にもたらす影響も

それほど大きいということかと思います。

 

それほど繊細に働く感覚。

 

 

アロマセラピストとしてお客さまの身体に触れさせていただく上で、この点には細心の注意をはらいます。

 

心地よいと感じていただけてはじめて、『アロマセラピートリートメント』が目指す良い作用が生まれるのであり、

そうでない場合は、、ただただ不快指数が上がるだけですものね。

 

 

私は幸いなことに、エネルギーが高いと言われる温かい手を授かりました。

以前ブログにも書かせていただきましたが、『セラピストにとっての宝』と言っていただいた厚くて熱い手。

 

トリートメントの際には『エネルギーが届きますように』『身体が楽になりますように』と

心の中で言葉にしながら触れさせていただいています。

 

人の手による癒しの力を私も強く信じているので、思いを手技に乗せて、トリートメントさせていただくことが、

セラピストの使命だと思っています。

 

 

もちろん技術があってこその手技です。技術を磨くことも同時に必要だと考え、今、東洋医学と共に学んでいる

体表解剖学では骨格や筋肉、神経の働きや正しいアプローチについて、もう一度先生から教わっています。

 

人の手を通じてできること。人の手だからこそ癒せるもの。

そういった部分をもっともっと深く追求していきたい。

 

改めて決意が湧き上がりました。

 

 

ようやく春らしい暖かい日が続くようになってきました。

花粉症の方はまだツライ症状が続いているかもしれませんので、無理なさらず日々をお過ごしください。

 

鼻がむずむずすっきりしない時には、ティートリーやペパーミント、ユーカリなどの精油の香り(芳香浴)を

ぜひ試してみてください。清涼感をもつ精油の成分が、呼吸や鼻のつまりもすっきりさせてくれるはずです。